塗り替えリフォーム屋根防水

株式会社寺島塗装店

エリア外でも可能な場合が御座います。お気軽にお問い合わせ下さい。

法人のお客様

みんなのブログ

【取扱メーカー】
塗料
日本ペイント/ 関西ペイント/ 大日本塗料 ほか
外装材
エスケー化研/ 菊水化学工業/ 山本窯業/ スズカファイン/ 恒和化学/ アイカ工業
床材
ABC商会/ 日本特殊塗料/ 水谷ペイント/ アイカ工業
防水材
田島ルーフィング/ 日新工業/ ダイフレックス/ アーキヤマデ/ コニシ

TOP > よくあるご質問

よくあるご質問

【塗替え時期についてのご質問】

理想的な塗り替え周期は、外壁が8年~12年位です。 「ツヤが無くなってきた」「ヒビ割れが気になる」など気になる症状があった場合は早めに対処する事で建物を長持ちさせる事ができます。チェックシートを使って、塗替え時期かどうか確認してみて下さい。

>>詳しくはコチラ

塗膜の劣化によって塗膜表面の色が減退したり何らかの原因で元の色と異なった色に変化する現象です。劣化した塗膜では本体を守ることが出来ません。塗替え時期かもしれません。

>>詳しくはコチラ

塗膜に裂け目が出来る現象で、クラックといいます。表面だけの浅いクラックなら塗装だけでカバー出来ることが多いのですが、素地に達している深いクラックは建物を傷め、雨漏りの原因になることもあります。早めの補修で、家を長持ちさせることが出来ます。

>>詳しくはコチラ

これは、チョ-キング現象(白亜化)です。 熱、紫外線、風、雨などのために塗膜が劣化し、塗装表面が次第に粉状に消耗していく現象をいいます。 塗替え時期のサインの一つです。

>>詳しくはコチラ

ペーパー等でサビを除去した後、変性エポキシサビ止め塗料を塗装します。サビ落としを十分にすることが後々のもちに大きな差となって出てきます。 錆は一度発生すると、急速に広がります。早めの塗替えをお勧めします。

>>詳しくはコチラ

【お見積りについてのご質問】

標準的な料金は、「標準施工価格表」をご覧下さい。目安の費用がわかります。但し、同じような大きさでも、塗装面積の違いや使用する塗料の種類によって金額が変わりますので、具体的な費用をお知りになりたい方はお気軽にお問合せ下さい。 お見積りは無料です。

>>詳しくはコチラ

申し訳ありませんが、現況を拝見せずにお見積りは出来ません。お客様から見積りのご依頼を受けましたら、アポイント頂いてからご訪問します。塗装部分の建物の必要部分の寸法を測り、下地の状態を確認をし、後日お見積を提出致します。

>>詳しくはコチラ

はい。小さな工事でもお気軽にお問合せ下さい。お見積り致します。

来年、再来年の出費に備えるために金額を知っておくことは大切です。実際の施工の際に改めて確認し、金額に変更があれば再見積り致します。お気軽にご相談下さい。(見積り有効期限は発行より3カ月です)

見積り範囲内の工事に関しては、一切の追加代金は頂きません。追加工事が必要なった場合には、お客様の確認と同意を頂いてから施工をします。

【工事に関するご質問】

建物の周囲やベランダにあるものは、施工部位(壁や手摺など)から離しておいて下さい。水洗いで濡れて困るものは、屋内に片付けて頂けると助かります。室外機はこちらで養生しますので、そのままで結構です。

>>詳しくはコチラ

塗料で周囲を汚さないようにシートを被せたりしてカバーすることです。室外機や洗濯機、車、門扉などにも細心の注意を払います。

>>詳しくはコチラ

平屋の外壁や傾斜のゆるやかな屋根など、単品施工の場合には足場が不要な場合もありますが、家屋全体の塗り替えは仮設足場を用いるのが一般的です。安全性の高い足場によって、丁寧な施工が可能となりますし、作業効率もあがります。吹付け作業にはもちろん、ローラー塗りでも風の強い場合には周囲に塗料が飛散することがあるので飛散防止シートが必要です。そのネットは足場がないと設置出来ません。近隣の方たちにご迷惑をかけないためにも、足場工事はとても重要です。

>>詳しくはコチラ

洗濯物は、作業によっては外に出せない場合があります。その都度ご相談下さい。また、壁を塗装するときは窓を汚さないように養生しますが、その間は窓を開けられません。特にお願いするのはその程度で、それ以外ではご迷惑をかけないように致します。

>>詳しくはコチラ

室内の塗装工事でなければ全く問題ありません。玄関など戸締りをしてお出かけ下さい。また、作業は通常8時から始めます。それ以前に家を出られる場合は、門扉の鍵を開けておくなど、敷地内に入れるようにしておいて下さい。

>>詳しくはコチラ

期間は塗装部分、建物の大きさ等によりますが、10日から15日ほどで完了します。ただ、雨天など悪天候の場合は順延させて頂きます。

>>詳しくはコチラ

工事開始前、当社担当者が工事の案内と粗品を持って近隣の方々にご挨拶に回ります。工事中はなるべくご迷惑を掛けないよう、細心の注意を払います。

>>詳しくはコチラ

仮設足場には塗料の飛散防止シートを設置します。風があっても塗料が飛ぶことはありません。また、足場のすぐ近くに車が停めてある場合は、車にカバーをかけさせて頂きます。

>>詳しくはコチラ

水性塗料を使用の場合はシンナー等を用いませんので、イヤな臭いが無く取扱いも安全です。

雨の日の作業はお休みです。従って天候によっては作業日程に変更が出る場合もあります。

撤去作業の後、周辺の清掃を行いゴミも職人が持ち帰ります。

>>詳しくはコチラ

【塗装に関するご質問】

断熱・遮熱などの機能を持ったもの、汚れにくいもの、カビに強いものなど、様々な高性能塗料があります。お客様の環境、ご要望、ご予算に最適なプランをご提案致します。

>>詳しくはコチラ

気温が5℃以上であれば、特に避ける時期はありません。ただ、梅雨など雨が多い時期は、工期が長引く恐れがあります。

基本的には自由ですが、絵具とは発色が違うので、塗料では出せない色もあります。コンピュータによるカラーシミュレーションでご提案する事もできますので、ご相談下さい。

>>詳しくはコチラ

外壁や屋根などの塗装する面に付着した汚れや、コケ、カビなどをキレイに洗い流す必要があります。しっかりと汚れを落としてからでないと、耐久性に問題が生じます。(水洗いしない業者は、単なる手抜きです)

>>詳しくはコチラ

【その他のご質問】

詳しいご住所をお伺いして、通えるところでしたら喜んで工事させて頂きます。まずは電話かメールでお問い合せ下さい。

当社は何度もお宅に訪問したり、しつこく電話をかけるといった営業活動は一切行いません。安心してお気軽にご相談・お問い合せ下さい。

口頭や文章で状態や形状を説明するのは難しいですよね。資料を持ってご訪問し、お客様のご要望をお探し致します。

門扉の修理、雨樋の交換、室内の壁・天井の塗替え、クロスの張替等のご要望がありましたら、お見積り致します。内容によっては出来ない事もありますので、詳しくはお尋ね下さい。

フリーダイヤル(0120-28-2714)は、夜間や休業日は営業担当者の携帯に転送されます。遠慮なくお電話下さい(但し、出られない場合もありますが、ご容赦下さい)。また、メールでご都合の良い日時をご指定下さいましたら、こちらからお電話致します。

ほぼ塗装のみの修繕でしたら、塗装業者にご注文頂くのがベストです。建設会社や大手ハウスメーカーは自社の職人を手配するのではなく、塗装業者に仕事の全部を依頼します。つまり、中間マージンの分だけ費用が増え、打ち合わせした人はほとんど顔を見せずに工事が進んでいくことになります。変更や追加をしたい場合も話が遠く、素早い対応が期待できません。

逆にこんな業者には要注意です。

1.値引き幅が極端に大きい。「今なら特別に30万円値引きします!」    
⇒最初の見積りが高すぎるだけなので、有り難がる必要はありません。初対面で特別扱いも、なんだか気持ちが悪いですね。正直な業者とは言えませんので、施工を任せるのは不安です。

2.お客様の危機感や不安をあおる。「雨漏りしていたら、壁がはがれて落ちてきますよ!」   
⇒ちょっとくらいの雨漏りなんかで、そう簡単に家は壊れません。もちろん本当に雨漏りがあるなら急いで直すべきですが、あまりにも大騒ぎする業者は不安です。別の業者にすぐ相談しましょう。

3.工事の契約を急ぐ営業マン。「今日契約頂けたら、サービスで・・・」  
⇒営業マンの成績のため? 相見積りを防ぐため? どちらにしろ、根拠のない見積りを出しているかもしれませんね。今日と明日でサービスが違う業者、信用出来ません。

ご希望により、施工の内容に応じた品質保証書を発行しております。契約前にお申し出下さい。

お客様に工事完了を確認して頂いてから請求書を発行します。その請求書到着後10日以内にお支払いをお願いします。但し工事金額200万円を超える場合は前払い金を頂いております。            

まずはご連絡下さい。状態をお伺いして、早急に対処させて頂きます。

診断・お見積りは無料です

お問い合わせはコチラ