塗り替えリフォーム屋根防水

株式会社寺島塗装店

エリア外でも可能な場合が御座います。お気軽にお問い合わせ下さい。

法人のお客様

みんなのブログ

【取扱メーカー】
塗料
日本ペイント/ 関西ペイント/ 大日本塗料 ほか
外装材
エスケー化研/ 菊水化学工業/ 山本窯業/ スズカファイン/ 恒和化学/ アイカ工業
床材
ABC商会/ 日本特殊塗料/ 水谷ペイント/ アイカ工業
防水材
田島ルーフィング/ 日新工業/ ダイフレックス/ アーキヤマデ/ コニシ

TOP > 法人のお客様

法人のお客様

安全への取り組み

安全への取り組み

塗装や防水などの仕事で大事なのは、仕上りの質です。
良い材料を使い、正しく施工し、美しい仕上りにすることが私共の仕事です。
でも、実はそれ以上に大切なことがあります。

「安全」です。

足場での作業や有機溶剤の使用などの危険を伴う仕事ですが、無事故で納めることこそが一番重要だと考えています。
そして言い換えると、安全とは「危険ではないこと」です。
どうすれば危険を減らし、危険を避けて作業出来るかを常に頭に置いて予定を立て、工事に臨んでいます。

安全パトロール

二ヶ月に一度、安全パトロールを実施しています。
現場管理者がうっかり見逃している不安全行動等を、
安全パトロールにより指摘し、是正します。
指摘事項は他の現場でも活かせるように全体会議などで
発表され、全社員の安全に対する意識を高めます。

 

安全大会

半期に一度、安全衛生協力会の総会及び安全衛生大会を開催しています。
安全の重要性を再認識し、安全意識の向上を図っています。

安全協議会

特定の工事に対して行うもので、現場代理人など管理担当者と作業員が出席します。
基本的に月に一度集まり、作業の内容と工程を確認し、危険行為について話し合います。

KY活動

空気を読まないよう努力する活動ではありません。
「危険予知」のイニシャル(Kiken Yochi)で、予想される危険と、それについての対策を考えることです。
作業によって生じる恐れのある危険は違ってきますので、現場では毎朝行われています。

品質への取り組み

当社の仕事は、塗装などの工事をしてほしいという依頼にお応えすることです。

料金を頂いて工事をする以上、期待されている完成度の更に上を目指すのが当然だと、私共は考えています。
昨今は材料も道具もどんどん新しく開発されているので、時代に遅れないようにメーカーや代理店などから情報を聞き、
勉強し、適切な工事が出来るように努力しております。
そして、とにかく真面目に、「すべきことは必ずする」という姿勢を持ち続けることも忘れません。
どれだけ材料や道具が進化しても、それを使うのは結局「人」です。
分量や用法などの指示を守らなければ、最新鋭の技術も役に立ちません。
真面目に施工することが、高い品質を提供することへの一番の近道です。

 

【膜厚検査】
メーカーの指示通りの分量が塗布されているかを
膜圧計を使って検査しています。

工期への取り組み

改装工事の場合は新築工事にはない、いくつかの不都合やご面倒が生じます。

工事の内容や業種、建物によっても色々とありますが、例えばこんなことが考えられます。

工事前

施工部分周辺の片づけ
床塗装の場合は機器類の移動

工事期間

仮設足場により出入りが不自由になることがある
仮設足場により窓の開閉が出来なくなる期間がある

工事後

工事車両の出入りと駐車
工事のために移動させた物の設置

工事により通常の営業が出来なくなる場合は当然のことですが、
営業は出来ても、足場が掛かっていたり、工事車両が出入りすれば多少の不自由があります。
そうした面から、お約束した工期を守るのはお客様の利益を守ることでもありますので、
効率の良い工程を組み、最適な人数を配置するなどして工期を厳守致します。

雨や雪などで物理的に作業が出来ないときもありますが、それは言い訳にはなりません。
「絶対に工期を守り、お客様には決して迷惑を掛けない」
誰も口には出さないくらい、全社員が当然に目標としていることの一つです。

 

診断・お見積りは無料です

お問い合わせはコチラ