新しい仲間が加わりました

投稿日:04.02.2015

あちこちで桜が満開ですね!今週担当のデザイン制作部、林です。

もちろん弊社近所のゴルフ場さんの入り口桜並木も満開です。

あまりにもキレイなので業務時間内に会社をサボってちょっぴり抜け出して写真を撮ってきました。

 毎日暖かくて本格的な春の到来に意味もなくわくわくしちゃいます。

4月と言えば入学・入社の月。

デザイン制作部にも新しい仲間が加わりました。(ワ〜パチパチパチ)

デザイナーの赤尾です。新卒です!ヤングです!

シャイな彼女の顔はスタッフ紹介にてご覧下さい。

素直で飲み込みの早い良く出来た後輩です。

わたしはそんな良き後輩の良き先輩になるため、日々てんやわんや…

新人が入ってきた際に、一番気を引き締めるべきは会社側の人間だと

毎日実感しながら仕事を教えてます。先輩になるって楽じゃない…

3月には当部署のデザイナーの中村を始め、数人が当社から卒業していきました。

出会いががあれば別れもある…

新しい風の吹き込んだデザイン制作部、この春も張り切って参ります!

花粉症。

投稿日:03.17.2015

お疲れ様です、営業一部秋田です。

もうすぐお花見シーズンですね。

このお花見シーズン、辛いのは花粉症。

 

今や日本人の4人に1人は発症しているらしい花粉症、僕ももれなくその一人です。

でも、僕は長いこと花粉症と戦ってきたのですが、ここ数年は花粉症の症状が随分と軽いです。

というか、歳を重ねるごとに症状が軽くなってきたように感じられます。

体が花粉に慣れてくれたのでしょうか?

歳を重ねるほど症状が和らぐのであれば、老いることもそんなに悪いことじゃないのかもしれませんね。

 

もうすぐ桜満開、春満開。

あたたかい季節が、ほらすぐそこに。

 

 

捨てて捨てて捨てまくる。

投稿日:03.10.2015

近頃断捨離をしています、総務部寺島です。

※断捨離とは、不要なものを絶ち、捨て、執着から離れることを目指す整理法。

 

もともとは掃除の手間を少なくするために物を捨て始めたのですが、部屋がすっきりきれいになったところ、

冬場に入りサボりがちになっていた朝活 (朝の時間の有効活用、略して朝活) をすんなり再開することが出来ました。

今までの二度寝との闘いはなんだったのでしょうか。

部屋がきれいになったことで、やるべきことが明確になったのか、ただ単にやる気が出てきたのか、はたまたきれいな部屋で有意義な時間を過ごしたくなったのかは分かりませんが、良い空間は人に良い影響を与えるようです。

なんてったって、きれいなお部屋は気持ちいいですからね。

掃除効果で仕事のモチベーションも上がりました。一石何鳥なんでしょう(笑)

 

そういえば、仕事のできる人のデスクはきれいという話を聞いたことがあります。

掃除をするとリフレッシュが出来て、仕事のやる気も上がるのかもしれません。

 

掃除の力は侮れませんね。

小さな発見

投稿日:03.06.2015

三月に入り、桃の節句を終え、春の風が吹き始めた今日この頃。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

学校や様々な企業では節目の時期となり、世間がせわしなく動いておりますが

寺島塗装店も例外ではございません。

ただ、バタバタと忙しい中で良い発見がありました。(林さんが発見!)

会社にあるさくらんぼの木に花が咲いていました!春ですね!暖かいですね〜。

私の実家は長野の北なのでこの時期に開花がみれるのがめずらしくてしょうがないです。

(↑数週間前の地元…)

こんな地域の違いを楽しめるのもあと少し。

何ごとにも前向きに頑張っていきたいです。

(締め方強引すぎましたかね)

はじめまして。

投稿日:02.20.2015

こんにちわ。

営業一部の内ヶ島です。はじめまして。

今週中頃から、だんだん暖かくなってきましたね。

2月15日は天気予報で、初めて「春一番」と言われた記念すべき日だそうです。

 

「春一番」とは、春本番に先立って数日間に渡り南から吹く強い風のこと、だそうです。

まだまだ寒い日もありますが、暦の上ではもう春。

春本番はまだまだ先ですが、もう少しだけ残るこの寒さ、負けずに頑張っていきましょう。

 

さて、話は変わりますが。

先週のお休み中に、読んでいた小説の中で見つけた、

かつて「天下布武」を掲げ、天下統一を目指した織田信長が残した名言をご紹介します。

 

「生まれながらに才能のある者は、それを頼んで鍛錬を怠る、自惚れる。

しかし、生まれつきの才能がない者は、何とか技術を身につけようと日々努力する。

心構えがまるで違う。これが大事だ。」

 

これを聞くと、改めて努力する大切さを思い知らされます。

何事も、溺れることなく日々精進しよう、と思う一日でした。